更新:



理想の相手に巡り会うならば年下女性が参加する婚活パーティー

森美術館を鑑賞できる婚活パーティーに興味がある女子がいらっしゃらないでしょうか?その婚活パーティーに参加すれば、井の頭公園を散歩できるのだとか。自然と触れ合いたい方にはお勧めのパーティーだと私は思い、自然を愛する女子に感動を与えるパーティーだと言っても過言ではありません。

PARTY☆PARTYでは、植林活動に力を入れていまして、地球環境に配慮した活動に重点を置いているのが伝わってきます。地球環境の問題が大きく取り上げられているため、植林活動が重要視されているのは至極当然ですよね。

付き合うならば年上の男性がいい!と思っている女性は、年下女性が参加可能な婚活パーティーに興味を抱いたことでしょう。年上男性の方が、自分をグイグイ引っ張ってくれそうな気がしているからなのでしょうね。

一方で、自分よりも一回り以上も年下の女性がタイプな男性もいらっしゃるわけですし、年下女性に特化した婚活パーティーの重要性が高いのは間違いありません。


ユーブライドのサービスの特徴

ユーブライドは会員数80万人以上を誇る大手結婚紹介サイトです。30〜40代を中心として年代や地域などさまざまな会員が在籍しています。安心してオンライン上での出会いを提供できるように、身分証を用いた年齢認証や24時間体制でのサイト内監視・サポートを行っています。

またサイト内でやり取りされるメッセージはユーブライド内のシステムを経由して行われるため、メールアドレスの公開が必要ない事も特徴です。利用はパソコンやスマートフォンから可能となっており、希望条件から相手を探したり、またユーブライドのシステムから希望に沿った相手の紹介を受ける事もできます。

つぶやきや日記といったコミュニティ機能も備えており、そこから価値観や感性が合う相手を探す事が可能な点も特徴です。結婚を前向きに検討している利用者も多く、年間1500組以上のカップルが誕生しています。

ユーブライドは会員制のサービスですが、リーズナブルなプランが特徴です。入会金や成婚料は無料で、またプロフィール登録や会員検索など基本的な機能も全て無料で利用可能となっています。詳細な機能が利用可能となる有料プランでも月あたり2200円からと業界の中でもリーズナブルな価格設定がされており、自分のペースで活動する事ができます。


結婚をするという意識

近年、婚活という言葉が世に浸透してから数年が経ちます。以前はお見合いという言葉で片付けられていたものも、現代では婚活の1種でしょう。昔と比べて、現代の人々は選択肢の数が何十倍にも増えました。インターネットの普及に合わせて、誰でも簡単に調べることができるようになっています。

これが現代の婚活リピーターを増やしている最大の要因だと私は感じています。おすすめの婚活は何か?と問われた時、私は必ずこう答えます。「結婚ができることです」と。昔の人は恋愛結婚を禁止され、親同士の合意で嫁いでいった時代もあります。また、お見合い1つとってもそれはそれは真剣そのものでした。仲人に写真を見せられ、必死でその人の良い所を探し、好きになって結婚をしたのです。

しかし、現代の様に選択肢が多い時代ではそう上手くはいきません。婚活に赴く人々は、まず、相手に相応の対価を求め、相手の嫌なところを探し、1人また1人と消去法を繰り返すのです。そして、婚活パーティーで失敗に終わったらまた別の街コンを求めて同じ失敗を繰り返します。この負の連鎖に迷い込んでしまった人はそう簡単に抜け出すことはできません。まずは意識改革から始めましょう。

先程も述べたように、婚活を始める方にとって大事なのは、婚活をすることではなくて結婚をすることです!もしも人生で婚活パーティーや婚活サイトhttp://www.mestaparkna.com/を利用できる回数が1度きりだとしたらあなたはどうしますか?

それが最初で最後の結婚チャンスと決まっていたらどうでしょうか?私なら、その場にある選択肢の中から必死で結婚相手を探し、ゴールインを決めようと決意します。大事なのは誠実さと真剣さです。今は条件に満たなくても、将来そのハードルを軽々と飛び越えていく可能性を完全に否定することはできますか?

結婚してから相方を成長させていくことができればこんなに楽しみな結婚生活は他に無いと思います。まず1番大事なことは、婚活をするのではなく、結婚をするという意識です。この考えに至ることができれば、日常の些細な出会いも素敵な運命に変えることができるでしょう。




アラサーのときにできた彼氏。

これは私の現在の彼氏と出会うまでの過程です。当時は色々恋活をしていました。その中で今の彼氏と出会い付き合うことになりました。今の彼氏とは付き合って1年半です。出会いは私の大学時代の後輩から紹介してもらいました。

彼は私より4才年上です。1回目は、私と後輩と彼と3人で会いました。とっても楽しくて、話は弾みました。帰ってから、後輩に彼がどんな風に私の事を言ってたか確認したら、『可愛いらしいし、優しい』って言ってたみたいです。私は嬉しかったですね。私も彼と話してて楽しかったし、もっとこの時間が続いたらなぁと思いました。

そこから私から思い切って彼にご飯に誘いました。会ったのはこの時で2回目ですね。そして彼の方から3回目のご飯の誘いがありました。4回目は映画を観にいき、5回目はまたご飯。この5回目のときに、『また二人で◯◯の店いきたいね!あと、俺ミスチル好きやから、またこれからゆっくりミスチルのこと一緒に覚えていこね。』と言われました。嬉しかったです。

6回目は遊園地でした。そして、私はこの時出会って3ヶ月でした。私的には出会って3ヶ月なんやから、もう何か相手から告白やらそれらしきこと言われてもいいのになぁと思ってました。でもその6回目の遊園地では言えずでした。そしてその次の日に、私は思い切ってメールしました。

『昨日言おうと思ってんけど、言われへんかったことがあって、私◯◯くんのこと、一緒にいてて楽しいし、もっと◯◯くんのこと知りたいねん。今のままもすごく居心地良いねんけど、私は◯◯くんの恋愛対象になってるんかなぁて。』って送りました。

私から告白はしたくなくて、相手から言ってほしいと思ってたんです。そしたら向こうから、『俺も◯◯ちゃんといてたら楽しいし、居心地良いし、俺と付き合って下さい。』ってメールがきました。私は本当に嬉しかったです。私に好意ある人に好きとか告白させるには、こういう風に自分から遠回しに言ったら上手くいくんだと思いました。




このページの先頭へ